不妊鍼灸治療の関連について

体外受精の前後で、女性を安心させるような針治療を行うと妊娠確率があがるとの研究結果があるように、鍼灸治療には不妊症を改善させる働きが見られ、不妊で悩まれている多くねカップルにこのような治療が施されています。

これに関する医学的な根拠はまだ解明されていないようですが、確かな証拠があがれば、より多くのカップルが救われる事になるでしょう。

体外受精を行うと言う治療方法もあり、こちらも多くの患者さんたちが利用していますがこれについても妊娠出来るかどうかは分かりません。

体外受精を行ってもなお妊娠出来なかったカップルが、この治療の前後に不妊鍼灸治療を行ったところ妊娠が確認された、とのデータも報告されていて、不妊患者にとって明るい未来がくる日もそう遠くないかもしれません。

胚移植日に、鍼灸治療を行うと、妊娠確率があがると言う結果も報告があがっていて、今後ますますこの治療方法の発展に期待がかかる事でしょう。

日本だけでなく、世界でもその効果は確認されていています。

日本の隣国、中国でも不妊症に悩むカップルを対象に治療を行った所、妊娠する確率があがったとの研究結果が発表されています。

この治療法が不妊症に対してどのような効果をもたらしているのでしょうか。

各国からの様々な研究結果をもとに考えられる要因は、いくつかあります。

まずは、ストレス、冷え性、疲れなどによって乱れてしまっているホルモンのバランスを元の正しい状態に戻す事によってより妊娠しやすい体調になるのではないかと言う事が考えられています。

骨盤内に流れる血液の量がより多くなる事で、子宮内膜の状態がより良い形となり、
妊娠に至りやすくなる、と言った考え方もあります。

他にも、卵巣への血流が改善させる事によって、卵や胚の質を高めたり、する効果もあります。

諸外国で、行われた研究では、いずれも体外受精の前後にこの治療を施していて、どの研究結果も妊娠確率の上昇を示唆しています。

日本では、年々避妊に悩むカップルが増加してきています。

子どもが欲しくても出来ないと言うのは、彼らのようなカップルにとっては想像以上に苦しく、悲しいものなのでしょう。

確かな治療法が確率されれば、そう言ったカップルが救われ、より多くの人々が幸せになれます。

そんな世の中を目指すために、不妊鍼灸治療は、にちや研究されています。

近い将来、不妊で悩むカップルが居なくなると言う事も十分にありえるでしょう。

1976年創業の老舗治療院です。年間150人を超える方が妊娠されています。・子宝マッサージ5,000円(税別)年間150人を超える人が妊娠し、48歳の妊娠例や早発閉経と診断された方も妊娠しています。台湾や中国、韓国をはじめ海外からも来院されています。子宝はりは業界で一番細い0.10mmの鍼を使いますので鍼に慣れていない方にも安心です。不妊鍼灸治療ならこちら

最近のコメント
    アーカイブ